主にネット内での麻雀のニュースなど
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん今晩は。涙の紋章です。
早いもので11月も終わりです。今年ももう終わりですね・・・。

というわけで、11月の成績を載せていこうと思います。
今月、主にプレイした東風荘、ハンゲーム、雀荘.netの成績です。

<東風荘>

できすぎ君画像


試しに11月の成績だけ抽出してみました。うはーこれはひどい負け組ですねw



mjstatにて。上がるとみせかけて・・・ まだ落ちるんかい!

<ハンゲーム麻雀Ⅱ>



ハンゲームの成績。寒くなってきたので、マフラーをつけました。



貴族、大富豪ロビーのもの。ハンゲーム麻雀Ⅱの全体の成績とほぼ同じです。つまり、貴族、大富豪ロビーでも、下のロビーとあんまりレベルに大きな差はないという事なのでしょうか・・・。

<雀荘.net>



雀荘.netのもの。92$ハァハァ。 ちなみに、平均順位は2.35です
(*$ω$)+



たまには2翻役もあがりたいとです・・・。


というわけで、東風超以外は順調に成績を伸ばしているなみもんでした・・・。

来月もなみもんblogを宜しくお願いします。(*$ω$)応援のクリックもね!
スポンサーサイト
さて、連日にわたり雀荘.netの紹介をしてきました。
やっぱり、皆様の関心はかなり高いようで、一連の記事を載せている間、多くのアクセス数とコメントをいただきました。
今までいくつか説明不足の部分があったので、補足していきます。

○賭ける単位は$です。例えば10000円を入金すると、それが$計算されてリアルマネーとして表示されます。ユーザー手数料は雀荘.netが負担するため、無料(!)で入金できます。

○お金の引き落としは今の所銀行(手数料4000円程度)でのみだそうですが、現在、海外の手数料の低い会社と調整中だそうです。

○現在、預金先着100人まで場代一年間無料キャンペーンというのをやっているそうです。また、友人を紹介すると、その友人が払う場代の10パーセントをその先ずっと貰えるという制度もやっています。ということは、IDを二つ用意すれば必ず場代は10パーセント引き!

○今月から、広告を出していくそうです。個人的には、どんな広告戦略を出していくのか・・・楽しみです。

というわけで、三日間に及ぶ雀荘.netの紹介は一旦終了です。(持ち金がある限り、プレイは続けますし、大きなニュースがあったときは取り上げますが)ソフト等はまだまだ開発中の感がありますが、管理人さんが丁寧に質問に答えてくれたりしたので、楽しくプレイできました。


最後に、先日も書きましたが、お金を賭けるというのはやはり大きなプレッシャーになります。ハンゲ貴族ロビーより、東風超よりも、ネット麻雀に緊張感を求めたい人は、是非プレイされてみてはいかがでしょうか。


何気に92.4$まで増やしているなみもんとネット雀荘の未来に、(*ω)祝福のクリックを!
[雀荘.net 補足]の続きを読む
さて、運用サービス責任者 ホセ・パディロさんから50$のお小遣いをいただいた、ネット雀士なみもん。
無料卓での操作にも慣れたので、早速有料卓にチャレンジしてみました。

まだユーザー数が少ないのか、点3(千点0.3$)卓しかたっていなかったので、デビュー戦は点3になりました。

さて、なみもんのデビュー戦の結果は・・・

(*ω)応援のクリックの後、衝撃の結果が!?
[なみもんのネットわらしべ長者@雀荘.net]の続きを読む


えー、先日当blogで雀荘.netを紹介したところ、雀荘.netの担当の方からメールが届きました。
なんでも、blogで紹介してくれたお礼ということで、僕のゲーム内の口座にいくらか振り込んでくださったようです。これで、有料版をお試しくださいとのことです。

一瞬、このお金を引き落としてトンズラしようかとも考えましたが
こんなblogでもお役に立てるのでしたら、幸いですっ!

というわけで、お金で買収された私はいつもより多めにスクリーンショットを使ったりして、雀荘.netの紹介をしていきます。



これは待合室。管理人さんが要望を聞いたりしています。



成績等を見ることが出来ます。僕の成績がうんこなのは気のせいです。



あがった手役の一覧。



プレイ中の画面。


さて、実際にプレイした所感です。

○試合は全て東風戦のクイタン有り、流局総流れのみで進行するため、物凄いスピード感で進んでいきます。当然、人よりも早く上がろうとする食い仕掛けも多くなり、ぼやぼやしているとツモられただけで終わるという結果も多いです。

○後発のソフトだけあり、鳴きなしや自動和了り等の機能はきちんとしていますが、待ち時間が残り何秒なのかはしっかり表示して欲しいところ。

○お金を賭ける麻雀だけあり、観戦は一切できません。また、牌譜も残りません。(不正防止の為には、牌譜はユーザーの手元に残したほうがいいとは思うのですが・・・)

○途中抜けした人がいる場合、10秒全てを使ってツモ切りするのは直して欲しいです。



(*ω)さて、管理人(正確には運用サービス責任者 ホセ・パディロさん)からお小遣いを貰ったなみもん。早速有料卓で麻雀に挑むわけですが・・・。その結果は!

明日書きます・・・。

ネットわらしべ長者を目指すなみもんに、(*ω)応援のクリックを!
ネット麻雀友好杯を運営されている、影井さんがblogをはじめたようです。

NMF運営blog

ネット麻雀友好杯のボヤキなんかが書いてあります。皆で見て、影井さんに応援のコメントをしようっ!

なみもんぶろぐは今何位?(*ω)?
皆さん今晩は。ネット麻雀マニア、涙の紋章です。

数々のネット雀荘を紹介している私ですが、本日のネット雀荘はちょっと特別です。

雀荘.net


(現在、21:00~25:00のみの稼動)

HPにアクセスしてもらうとわかると思いますが、このネット雀荘はお金を賭ける事が出来ます(お金を賭けない無料卓もあります)。

個人的には、ついにこの時代が来たかという気持ちがあります。(若干早い気もしますが、先駆者とはそういったものなのでしょう)

とりあえず、無料卓で何試合かしてみるつもりです。後日、プレイした感想などを書きます。プレイ方法や、入金方法等をすぐに知りたい方は、公式HPにアクセスしてみてください。

有料会員に踏み込むか悩むなみもんに、(*ω)応援のクリックを!
ハンゲームの焼鳥屋というサークルで行われている、焼き鳥杯という大きな大会に参加しています。参加者の殆どが大富豪や貴族という大会ですが、今の所1,2回戦を順調に勝ち進んでいます。

次に行われる三回戦を勝つと準決勝の様なので、頑張って勝ち抜きたいと思っています。(いつの間にか、東風勢で残っているのは私だけのようですし・・・)



この図は大会二回戦の時の模様。

大会優勝歴が無い、なみもんに(*ω)応援のクリックを!
(*ω)皆さん今晩は。左の前髪だけ長いという変な男、なみもんです。ふと冷静になると、辛いものがあります。

さて、東風荘において、凸さんと言えばmjmanに次ぐビッグネームですが、

ある時、僕はネットを旅していて偶然、凸さんの画像を発見してしまいました。

オフ会ではまだ会った事がないものの、この風貌、この品格、この知性!間違いなく凸さんです。(オシャレをしているのか、髪型は金髪ですが・・・)

というわけで、凸さん本人の許可は取っていませんが・・・

今日、なみもんblogをご覧の方々に凸さんの素顔を公開しようと思います。

これが凸画像だっ!

そして・・・こっちは(*ω)応援のクリックだっ!
☆☆この人のHNを当ててください☆☆(東風第一ネタ)
ある人が、東風で麻雀をしていました。

オーラス
ある人    32000 トップ
下家     30000 二位
対面     28000 三位
上家(親)  18000 ラス

このままいけば、トップです。
オーラスでピンフのみのテンパイをしたので、ダマテンのままひっそりと息を潜めていると・・・

何気なくある人が捨てた牌に、ロンの声がかかりました。

上家 「ロン 18000」

・・・トップから、一気にラスです。
さて、この時ある人が言ったセリフが・・・
[待合で使ったネタですが その1]の続きを読む
○戦術書購入。石崎洋 「韋駄天」

○ハンゲの大会でいい感じ。

○髪の毛切ったら・・・なにこの前髪><

○なみもんぶろぐは現在7位!


俺の下手っ!
皆様今晩は。カウンターがちょっと高機能になりました。あいかわらず、特に意味は無いです。



えー・・・いきなりですが、運命の岐路です。
東1局、満貫テンパイvs先制立直vs三元牌。
さぁ、あなたは何を切るっ!
m9(ω*)


衝撃の結末は(*ω)応援のクリックの後!
[責任]の続きを読む
o┤*ω├o <皆さん今晩は。ネット麻雀界を旅する男なみもんです。
先日はじめたネットマーブル麻雀の感想を適当に書いてみます。
主に他のネット麻雀との比較で色々書いていきますので、細かいルール等を知りたい方は公式HPまでどうぞ。

<特徴>

○全体的にコミカルな雰囲気
これは、ネットマーブルというポータルサイト独特の空気ですね。アバターや画面など、どこか垢抜けないレトロな感じがでています。
<長所>

○ある程度の戦歴データが見られる。


あくまで簡易的なものですが、ハンゲのプロフィールよりはぐっと詳しいです。(麻将、できすぎ君には劣りますが)

○選択できる発声は9種類
なんでだか、たくさんありますwまた、自分が選んだ声はそのまま相手にも聞こえるので、突然ヤクザさんの声で「プォンッ!」とか言われるとビックリします。

○ルール「二翻縛り」がある


三本場から二翻縛りに入るので、初めてプレイする人は驚くのではないでしょうか。手役作りの練習になるかと思います。


<短所>

○ラグシステムにミスがある
東風荘と同じ、「鳴ける時だけ進行が止まる」ラグシステムなのですが、ある牌でポンの人とチーの人がいる場合、まずポンの人がラグに入って鳴くか否かを選択をした後、チーの人がラグる事になります。このシステムだと、チーをしたい人にその鳴きたい牌が残り二枚以下という情報を与えてしまい、チーの人にやや有利です。

○ウィンドウを一番手前にしないと、打牌音などが消える
エロページ他のサイト等をちょっと見ていると、知らない間に自分の番になっています。

○マウスへの感度が悪い?
あらかじめ切りたい牌にカーソルを合わせて画面をクリックしても、ツモった牌を切ってしまうことがあります。

○あがったときのドラの数が見づらい


リーチ一発か・・・と思ったらドラが2枚あったり。何でわざわざ離すの・・・。


○牌譜が見られない
うーん。infoseekに続き、ネットマーブルも大きな減点ですね。牌譜が見られないと、ネット麻雀のメリットが大きく減ると思います。


こんなところですね。独自の色を出してはいるものの、微妙に研究不足な所がチラホラと見受けられます。個人的にはハンゲームの良きライバル会社として、追いつけ追い越せと頑張って欲しいところです。

次はどこの雀荘にいこうかな・・・と考えているなみもんに、(*ω)応援のクリックを!
えーと、更新が止まっていたり、mixiメインになっている人のblogを整理しました。

もう一回登録しろ! とか、新しくリンクしろ! って方は、ここにレスして下さい。
(*ω)皆様今晩は。ちょっと風邪気味のなみもんです。

さて、影井さん主催のネット麻雀友好杯の、第二回大会が開催されました。
東風荘、ハンゲーム、ロン2・・・様々なネット雀荘の強豪たちが一堂に集う、素晴らしい大会です。腕に自信のある方、実力をぶつけたい方は是非参加をしてみましょう!
また、観戦の為にIDをとりたいっていう人は、ロン2で無料会員になりましょう。メールアドレスがあれば、簡単に無料会員になれます。

大会では、応援が多いほど燃えるなみもんに
(*ω)応援のクリックを!

以上、強制的に宣伝係にされたなみもんがお送りしました。
皆さん今晩は。「波紋」を「なみもん」と読んでしまうあなたは、もう立派ななみもんマニアです。(正しくはオーバードライブと読みます)

というわけで、月に二回のお楽しみ、近代麻雀レビューの時間です。

○表紙
前号に引き続き、むこうぶちの傀さんが表紙を飾りました。くわえ煙草の傀さん、手が妙にリアルです。


○アーニャの麻雀日和
月1連載のカラー四コマ漫画です。まったり系というのでしょうか。絵は淡色で綺麗なのですが、特に盛り上がるところが無い気がします。


○カラー企画
麻雀格闘倶楽部4で、近代麻雀杯というものが開催されるようです。僕はやったことがないのですが、4まで出ていたんですね・・・。


○自動卓で打つ極楽温泉麻雀 伊香保編
自動麻雀卓のある旅館を紹介。伊香保が何県にあるのか知らない僕ですが、ゆったり温泉して麻雀して・・・なんてオフもいいかなと思いました。ちなみに、温泉に入っている子は日テレ雀ニックの右の人ですね。


○凌ぎの哲
ガスさん(♂)を心理的に揺さぶるために、自らのファーストキスを捧げる森サブ君(♂)。いつの間にこの漫画はソッチ路線のラブコメになってしまったのでしょうか・・・。ガスさんのクールなイメージも、今は昔の話です。


東大を出たけれど
今回のテーマは字牌単騎。相変わらず、打ち手の心理が滲むいいコラムです。


○つっこみの辰
前号のカラーページでひたすら雀牌と戯れていたカラスヤサトシさんの読みきりです。普通に麻雀マンガもかけるんですねw

でストライクゾーンの説明すな! ってのが面白かったです。


東風のカバ
河馬山さんを「カバスケ」と呼ぶ黒蜥蜴さんは、本当に河馬山さんの師匠なのか・・・という含みを残しつつ、準決勝卓です。対戦相手はなんと、河馬山さんから10億という大金を盗んで逃げたあのルミちゃんです。腕はからっきしだけど、運は凄いというめろん畑の様なキャラで立ちはだかるルミちゃんを相手に、
「ついにあの力の封印を解く時が来たのか」
との河馬山さんのお言葉。トップまで40200点とはいえ、ラス親なのでなんとかしちゃうのでしょう。


○打姫オバカミーコ
新人プロに麻雀を教えることになったミーコさん。ペンチャンとカンチャンの重要度の違いがわからないミーコさんもミーコさんですが、そこから習おうとする新人プロの皆さんもどうかと思います。結局、「左8をさっと取れる」という微妙なラインで面目を保ったミーコさんですが・・・それでいいのでしょうか。
ちなみに打姫オバカミーコのドラマ化は、スカイパーフェクTVにて放映されるようです。やっぱり、地上波は無理がありましたな・・・。配役オーディションなんかもあるようですので、興味のある方はどうぞ。


○怒れ!ライアン
今回の英語は
excuse
訳/言い訳
アイルランド人相手に点5の麻雀でお小遣いを稼ぐライアンさん。まずは漢数字を理解しなければならない彼らから、小銭を稼ぐつもりのようです。


○麻雀で食え!!
今回のテーマは七対子。親方がハンゲで打っているところを見た事が無いのですが・・・。
西原さんのイラストは、麻雀とは全く関係が無い、小学館の自分の単行本を宣伝するという暴挙!w流石です、西原先生。


○むこうぶち
赤ん坊をひざに抱えた山口さん。腰痛のリスクを犯した甲斐があったのか、傀さんをことごとく封じ込める事に成功。次号、傀さんはどんな手で逆転をするのか・・・?


○かほりさん
特になし。


○頭がいい人、悪い人の麻雀


この手をシャボで待つか、カンチャンで待つかというお話。正解はカンチャン待ちだそうです。
「(中略)誰もがシュンツを作ろうとし、手の内の牌も場に切り出される牌も自然と分散していきます。そのため、自分が二枚持っているトイツ牌の三枚目を待つよりも、自分が持っていないカンチャン牌を待つ方が、出アガリする可能性は高くなるのです。」(本分より)
うーん。どうも説得力に欠けると思うのは僕だけでしょうか。


○哭きの竜外伝
8sを鳴いて1~7までのマンズを河に並べる竜さん。流石竜さん、ヤクザを挑発するのはなれたものですw次号、関東のヤクザ音無さんと関西のヤクザのボス堤さんが接触。


○麻雀女教師さやか
麻雀初心者必読の恋愛小説! だそうですが、最終回です。今回のレッスンは大局観。まぁ、何点ならまくれるかという状況計算ですね。
さやか先生にはフィアンセがいて、たけしくんは真理奈先輩と付き合うそうです。見事なまでに何の感動も沸きません。


○雀荘で遭った愉快な人々
ゲストは引き続き萩原聖人さん。新人プロと打って、勝つと
萩原「お前らなんか言うことないの?」
新人プロ「ツエー!!」
・・・ってどうでしょう。僕は結構感じ悪いと思うのですが・・・w


○仕組まれたシナリオ ワナ
15年前に雀荘で起きた火事で人を殺した犯人が、今行われている大会に参加している。そして、その男が飲んだコーヒーには、毒薬が・・・。というお話。次号の後編で犯人が明らかになるのでしょう。麻雀と殺人が、どう絡むのかが楽しみです。(の~てんパパのようなオチは勘弁してください)


○ムジャキング
特になし


○フリーで勝て!
デジタル雀士鈴木たろうプロの連載も、26回目でとうとう最終回です。キンマのコラムでは最も勉強になるものだったので、毎回レビューを書くのが楽しみでしたが・・・。お疲れ様でした。この26回の連載をまとめて、本が出たりするのかな?


○リスキーエッジ
前号では調子のいい佐野さんにトップを取らせ、自分は二位をとるという戦法だった吉岡さんですが、自分の調子がよくなってきたところで連トップ。無事に悪役顔のおじさんたち二人を退治し、めでたしめでたし。
そこから時間は流れて1ヵ月後。順調に経営をしている愛の巣雀荘に、いかにも性格の悪そうな眼鏡の表プロが・・・!やっぱりこいつも、デジタル雀士なのかっ!?


○の~てんパパ
打ち切りじゃなかったのか・・・。相変わらず何もかもが微妙です。


○ドラは抱いて死ね
手が進もうが、ドラを切ればテンパイだろうが、ドラを切らないというパッション読みきり・・・だそうです。とりあえず突っ込むところが山ほどあるのですが、最後の一コマでなんだか全てがどうでもよくなります。


○風の三日月
志土さんがさらわれます。敵との麻雀に勝ったら、逃がしてくれるそうです。敵は、感情が無いそうです・・・。相変わらずもりあがらないこの漫画。
そして、序盤に出てくる中国式(?)の牌が非常に見づらいです。牌が綺麗じゃなくなったら・・・この漫画のいい所が全くなくなるのにw


○裏表紙
野生の生命力でアレが大きくなるそうです。医食生殖研究センター長とかいう肩書きのおじいさんが、いかにも好色そうな顔ですw


次号の見所は、鈴木さんが北をきれるのか・・・というところでしょうか。それでは、また次号・・・。
管理人のモチベーションの為に、(*ω)応援のクリックを!
皆さんこんばんは。雀荘で「blogやってる人ですよね・・・」と話しかけられるのが何より怖い男、なみもんです。

さて、僕がネット麻雀「東風荘」をはじめたときは、確かISDN回線のテレホーダイを利用していました。決まった時間かつ低速度でしか接続できなかった当時に比べると、今の回線状況は飛躍的な進化を遂げまたといえるでしょう。
その回線速度と同時に進歩を遂げたのが、ネットゲームです。特にPCの高性能化も手伝い、美しいフルポリゴンのグラフィックが演出する冒険の舞台に、何千人ものプレイヤーが同時に戦いを繰り広げる・・・なんて事も可能になりました。このようにネットゲームが進化と盛行の道を進んでいくにつれ、しばしば
「ネット麻雀はそのうち、ネットゲームの影響で滅びるのではないか・・・」
という声を聞くようになりました。
確かに、進化を続けるネットゲームに対して、ネット麻雀は大幅な進化(グラフィック・操作性等)を遂げることが難しいジャンルではありますが、ネットゲームに対して一つだけ、大きく勝っている点があるのです。
[ネットゲームとネット麻雀(ネット雀荘は滅びるのか?)]の続きを読む
(*ω)皆様今晩は。百円ショップのラムネを食い漁っているなみもんです。このチープさがたまりません。

さて、ネット麻雀界の第一人者を目指すものとして、前回はinfoseek麻雀に手を出してみたなみもんですが、牌譜が無い、特筆すべき目新しい点が無いという理由で活動を停止したのは記憶に新しいところだと思います。
というわけで、次に手を出してみようと思ったのがネットマーブルの麻雀です。
ネットマーブルさんは、以前に待合でキャッチマインドやカートゥーンレーサーが微妙に流行った時にお世話になっていたので、IDを新しくとる必要がなかったのが、今回選ばれたポイントです。

ざっとはじめてみましたが、多少細かい成績を見られたり、ネットマーブル独自のシステムを入れていたりと、興味深い点がいくつかあるので、後日まとめてみようと思います。

しかし・・・


俺のアバターはなんでこんなにダサいんだ・・・
ハンゲームのアバターは、オシャレにまとめているのにね・・・。

このアバターでプレイするのがちょっと恥ずかしいなみもんに、(*ω)応援のクリックを!


<広告>
↓麻雀をふくめ、色々なオンラインゲームが登録されています。


(*ω)皆さん今晩は。二日前に行った筋トレの筋肉痛が今更きた、なみもんです。

秋も深まるある日の事。何気なくリビングに置いてある回覧板を読んでみると・・・「町内会麻雀講習会のお知らせ」とあります。

内容をかいつまむと、

○お金をかけないので安心!

○ボケ防止になる!

○初心者でも安心!

・・・みたいなことが書いてありました。

(*ω)+ こ、これは・・・最終的に金をせしめるチャンス誰が指導するのか知らないけど、麻雀界も発展しつつあるのか。いいことだなぁ。

(*ω)しかし・・・俺が参加したら・・・平和(へいわ)な町内会の平穏を乱す事になってしまう(謎)!

というわけで、涙を飲んで参加を見送っておきました。けっ決して、出不精で外出をしたくなかったわけじゃないですよ!
まぁ、東風荘でなら、相手になりましょう・・・!>町内会の皆さん

猫との会話が殆ど全てのひきこもりなみもんに、(*ω)応援のクリックを!
麻雀とはまったく関係ないんですが・・・。面白かったので紹介。

AAバトラーⅡ
その名の通り、AA(アスキーアート。顔文字)を入力して、戦わせるというもの・・・。麻雀に疲れたら、暇つぶしにどうでしょう。




微妙に弱かった、この顔文字に→(*ω)応援のクリックを!
○男性である。

眼鏡をかけている。イケメンはいない。

○かなりひねくれた性格をしている。

牌効率を解説しながら打つ。

○常に、確率の高いほうをツモる。

○考え事をするときは、難しい計算式が浮かんでいる。

○パソコンに精通している。また、しばしばノートパソコンを持ち歩いている。

○雀荘のおっちゃん(かませ犬的キャラ)にはめっぽう強い。

序盤リードをしても、特殊能力を持つ主人公にまくられる。

自然を愛さない。


まぁ、殆どがネット雀士のイメージにもあてはまるんですが・・・。
(*ω)9m 三つ以上あてはまったら、あなたも立派なデジタル雀士!

ネット雀士なみもんのランキングをあげよう!
麻雀は集中力を持続させるゲームです。
当然、真剣に打つほどカロリーは消費されていき、長丁場をこなした後はお腹ペコペコ・・・なんてことも、よくあります。

そんなネット雀士に欠かせないのが、「夜食」と「おやつ」。脳に栄養源であるブドウ糖を送る、大切な行動です。(私のDNAに「太る」という情報は入っていません)
その日の僕も、大好きなチキンラーメンを夜食にしようと、やかんでお湯を沸かしていました・・・。

さて、人類は丼にチキンラーメンをセットし、お湯が沸くのを待つ間に必ずする事があります。そう、袋に残ったチキンラーメンのカケラを食べることです。
これはチキンラーメンを食べる上での大いなるイベントであり、マニアともなれば、袋に残ったカケラの量でその日の運勢を決めるほどのものです。

ですが・・・そんな晴れ晴れしいはずのイベントが、あんな悲劇をもたらすとは、誰が想像出来たでしょうか・・・。


いつも通りチキンラーメンの袋を開けて、崩れないように麺をそっと丼にセッティングをした私は、張り詰めていた緊張を解き、ゆったりと椅子に腰をかけました。箸とお鍋の蓋は既に用意してあり、準備は万端です。

(*ω)ふう・・・。なんて手際の良さだ。流石俺だぜ。

と、一仕事を終えた気分でチキンラーメンの空の袋を手に取った私は、袋の中に麺のカケラが適量入っているのをチラリと(しかしクールに)確認し、一気に口へ流し込んだ・・・その時・・・!?
[日常に潜む危険]の続きを読む
ハンゲーム貴族ロビーでの1シーン。



(*ω)「東3だけど、ラス目だ。ここで連荘しないとしんどいな。北は・・・対面が変な仕掛けしてるけど、場に二枚見えているな。さっさと切っちゃおう。」

オソルオソル(*ω)つ ≡ [北]






(*ω)・・・

さて・・・ネットマーブルの麻雀でもやるかなぁ・・・。

オチが読めたという人も、(*ω)応援のクリックを!
[転機]の続きを読む
皆さんこんばんは。ラーメンを食べるとスープに髪の毛が入る長さのなみもんです。
川*ω川 そろそろ散髪したいです。ほんとに。

というわけで、このblogでも進行を追っていた、影井さん主催のネット麻雀友好杯のファイナル(決勝戦)が行われました。

列参した強豪達を抑えつけて優勝したのは、なんと一般予選から勝ち抜き続けたhideさん(MJ2出身)。決勝戦でも、三人の超ラン戦士を相手に連続トップの堂々たる優勝です。hideさん、おめでとうございます!

・・・というわけで、第一回ネット麻雀友好杯は終了しました。七月一五日に開会式を行ってから、実に3ヶ月以上という、実にロングスパンの大会でした。影井さん、お疲れ様です。



さて、めでたく第一回のネット麻雀友好杯が終了したところで、話は当然「第二回ネット麻雀友好杯」に進むわけです。
早速公式HPでも第二回の出場選手を募集していますので、是非皆さんご参加を!

次回こそ東風超ラン勢の優勝を・・・!と燃えているなみもんに、川*ω川応援のクリックを!
厳密に言うと麻雀の「戦略本」ではない気もするのですが、最近読んで面白かったので紹介を。
この本は、近代麻雀等に連載されていたコラム、「サギサワ麻雀」と、鷺沢先生の没後に発見された麻雀小説「祈れ、最後まで」を一冊にまとめたものです。

前半の「サギサワ麻雀」は、「もう麻雀やめます」が口癖の鷺沢先生がトッププロとちょっぴり高いレートで麻雀を打ったり、フリー雀荘に立ち寄って負けたりする悲劇(?)を明るい口調で綴ったコラム。
「捨て牌と手牌で一通ができた!」とか、「普通に打っていたはずなのに、気がついたらフリテンになってた!」とかの、「あるある」と頷いてしまいそうなエピソードを、牌姿を入れてわかりやすく語っています。

後半の「祈れ、最後まで」は、鷺沢先生の仕事場から発見された未発表の原稿。勤めていた銀行をやめ、微睡むような無気力の中でフリー雀荘の店員を続ける主人公が、店の中で出会った謎の客に「麻雀を教えてやる。その間仕事に出られない分のお金も払ってやる。」と、怪しいくらい条件のいい話を持ちかけられ・・・ という話。空気が濁ったような雀荘の雰囲気や、雀士にしかわからない卓上の焦燥感、危機感の描写は、麻雀という船に乗ったことがないとわからない一体感を感じさせてくれます。

前半のコラムも後半の小説も読みやすく、サラサラとページが進みます。
麻雀打ちにしかわからない、読後の満足感を、どうぞ味わってください。



サギサワ麻雀 祈れ、最後まで
http://ameblo.jp/mj-member/
東風戦メンバー戦記

最近見つけた、麻雀系の面白いblogです。近代麻雀で「東大を出たけれど」のコラムを執筆されている方です。

同じ雀荘系のblogでも、

http://ani.blog.ocn.ne.jp/毎日!まあじゃん幼稚園

こことは随分雰囲気が違いますね・・・w

http://plaza.rakuten.co.jp/MJHAKASE/diary/
ここは、禁煙雀荘の店長さんのblog。

http://www.yukan-fuji.com/archives/2005/10/post_3525.html
ネットを旅していて気になった記事。やはり、じわじわと麻雀ブームが来ているのでは・・・。


応援のクリックをして、なみもんぶろぐのランキングをあげよう!
皆さん今晩は。涙の紋章@遅筆です。右の方に、カウンターを付けてみました。特に意味はありません。

さて、11月4日に新宿にてオフ会を開いた・・・のはいいのですが、blogにて名前を出していいか?と聞くのを忘れていたため、参加者の名前は許可をとった子兎さんしか明かせません。まぁ、デートだと思っていただければOKです。ええ。

というわけで、新宿の某韓国料理の焼肉屋さんで三段バラ定食をBさんにゴチ(※1)になり、新宿バビィへ。

ゴゴゴ(*ω) オフ会雀士なみもん、果たして勝利なるか・・・!?

続きは(*ω)応援のクリックの後!
[オフ会レポート(05/11/04)]の続きを読む
ハンゲーム貴族ロビーにて、観戦していた時の1シーン。


ダントツトップ二位からのリーチがかかっているところで、テンパイしました。
まぁ、ハネマンをツモか直されない限りまくられないので、ここは一発目でも4sを切って勝負でしょう・・・ってリーチ?!



トップで役があるんだから、リーチはいらないし、リーチ棒出したら・・・満貫ツモされたときにまくられ・・・って、あーあ・・・。

なんていうか・・・胸が悪い意味でキュンとなりました。もっと頑張れ、貴族雀士!

この画像を見てキュンとなったあなたは、((ノ)゚ω゚(ヾ))このほっぺたをクリック!
全国300万人の麻雀好きの皆様、今晩は。涙の紋章です。
11月2日、文化の日に超ランの雛苺さん(注:男性です)と二人で、禁煙フリー雀荘「銀河」へ行ってきました。
私も雛苺さんも雀士にしては珍しく煙草を吸わず、私は以前blogでこの雀荘の紹介をしていたので、いつか行ってみたいと思っており、雛苺さんもルールや料金などを見て、是非一度のぞいてみたいと思っていたようです。

というわけで、集合場所は錦糸町。雛苺さんとはこれが初対面でしたが、お互い携帯で連絡を取ってすぐに合流。とりあえず雀荘へ向かう途中で、
「これ、なみもんさんに・・・」
と、思い出したように雛苺さんが紙袋を僕にくれました。なんだろう?と思いつつ中を見ると・・・

ボンタンアメとヨーグレットのなみもん好物セット×2
桜井章一著「無敗の手順」
桜井章一著「無敗の手順2」

をいただきました!
特に桜井章一の本は(戦術書の紹介を書いている身でありながら)、一生手にする事はないだろうと思っていたので、ちょっと手に入った運命に驚いています。都合がつき次第、頑張ってレビューを書いてみようと思います。
(*ω)ホクホク 雛苺さん、ありがとうございますー。

・・・というわけで、「銀河」に到着。公式HPを見てもらうとわかるのですが、雀荘にしては珍しく、銀河は場代のフリーパス券というものを発行しています。僕と雛苺さんはあらかじめ打ち合わせていた通り、二千Gで六時間打ち放題の券を購入。銀河の場代が一試合300Gなので、およそ7試合でお得になる計算です。
というわけで、禁煙雀荘での成績は以下のとおり・・・。(9試合)

涙の紋章3-1-4-1-2-4-4-3-3
平均順位 2.78
雛苺2-2-3-3-3-3-2-2-1
平均順位 2.33

えっと・・・一人で暴れて結局負けた私と、堅実に打ってプラスの雛苺さんでした・・・。麻雀って性格が現れるとは聞いていたけど、成績にまで現れるとは・・・。
というわけで、6時間打ったところで禁煙雀荘オフは終了。久々に長丁場をしたので、少し疲れました。その後、晩御飯を奢っていただき、解散しました。
雀荘から出て髪の毛や服が煙草臭くないのは初めてかもしれませんw店内もピカピカで、トイレも綺麗です。錦糸町にお立ち寄りのさいは、是非立ち寄ってみてください!

横浜に支店ができないかなぁ・・・と思っているなみもんに、(*ω)応援のクリックを!
皆さん今晩は。麻雀に片思いを続ける男、なみもんです。この恋は、脈があるのかないのかわかりません。まぁ、あると思って勘違いを続ける人生ですが。

さ、さて今日も元気にキンマレビューを書いていこうと思います。
発売日当日にレビューを書け!という人におススメなのが、ココです。いやまぁ、根本的解決になってないですけど。

○表紙
CGで書かれたっぽい竜さん。妙にのっぺりとした顔で麻雀をしています。煙草を持ちながら牌をツモるってどうなんだろう。


○4コマ&ショート・シリーズ
今回の作者さんはカラスヤサトシ先生。4ページ全て、麻雀をすることなく牌をいじって遊んでいます。それでいいのか!?


○カラー企画
今回は「麻雀レトロゲーム回顧録」という企画で、ファミコンが発売された1983年から1994年までの、コンシューマ向けのソフトを年表で紹介しています。近代麻雀にしかできない企画ですね。こういう面白いことを続けてほしいです。


○カラー企画2
もう一つのカラー企画は「ヨーロッパ麻雀選手権レポート」。レポートとはいっても、2ページのちょっとした記事です。世界に広がる麻雀ブーム!・・・とはいっても、日本式麻雀が広まってくれないとあまり意味がないのですが・・・。


東風のカバ
いよいよはじまった東風荘雀帝王杯決勝トーナメント。64卓も同時開催されたら、誰を観戦したらいいのかわからないような・・・。
「バード」という同じ作者の麻雀マンガで、やられ役として登場した不破さん。案の定黒蜥蜴さんにあっさりとやられちゃいました。今頃、楽屋で「こんな役ばっかりや」と愚痴をこぼしているでしょう。
そしてどうやら、黒蜥蜴とカバさんは知り合いの模様。やはり、黒蜥蜴さんはカバさんの師匠なのでしょうか。


○打姫オバカミーコ
06年新春、オバカミーコドラマ化決定だそうです。アニメ化じゃなくて、ドラマ化かよ!。全国波で放送されるのだろうか・・・。いや、まさかね・・・。詳細が載る次号が楽しみです。
さて、麻雀プロとして人気が出てきたミーコさん。相変わらず腕の方はアレなんですが、雀荘の店員さんに手筋を突っ込まれて、師匠手作りの何切るノートでコツコツ勉強をするというお話。
しかし、作中の


ここから6mが正解はわかりますが、




これは3p切っちゃうなぁ。(作中の正解は6m)


○雀荘で遭った愉快な人々
今回のゲストは俳優の萩原聖人さん。アニメ版アカギの声優をされています。割れポン参加者で一番上手い人ですね。自分にも他人にも厳しい麻雀をされているようです。


○東大を出たけれど
いつもはダメおっちゃんや人生を崩していくサラリーマンのお話ですが、今回は恋愛話(?)やはり、現実的な女性から見ると雀荘のメンバーさんは一時の恋人にしかなれないようです。


○麻雀で食え!!
西原さんのイラスト復活です。いやー、よかったよかった。ちなみに今回の講座は役満。読んでも麻雀は殆ど上手くならないと思います。


○むこうぶち
今回のゲストは赤ん坊を膝に抱えて麻雀を打つおじちゃんです。不思議と赤ん坊の表情の通りに打つと勝てるというおじちゃんですが・・・。作中のおじさんたちは煙草を吸わないですが、空気も悪いし騒音もひどい雀荘の中に赤ん坊はどうかと思います・・・。まぁ、車の中に置き去りとかは論外ですけどね。次号、この不思議赤ちゃんに傀さんはどう立ち向かうのか。


○頭がいい人、悪い人の麻雀
今回のテーマは字牌単騎。


しかし、これは例題が悪い気も・・・。ピンフがない場合の方がいい問題なのでは。私は必ず西を気ってリーチします。


○哭きの竜外伝
関西のヤクザの親分、堤さんと打つ竜さん。堤さんは鳴ける牌は「考えるのが面倒なので全部鳴く」という物凄い戦術の持ち主。早速、竜さんとポンカン合戦が始まります。強運堤さんと牌が光る竜さんの対決。とりあえず同卓は避けたいものです。


○かほりさん
イカサマもできる小島さんに、テンパイ君「またかほりさん雀鬼ばりの悪戯したな・・・」
雀鬼のイメージはそんなものなのでしょうかw別にいいけど。


○怒れ!ライアン
今回の英単語は
In one's element
訳:水を得た魚のよう
人からお金を融資してもらって行ったポーカーは+で終わった様子。配当も出せて、よかったよかった。


○フリーで勝て!
今回のテーマは対人戦略。守備的な人が合わせ打っているかで、その人の手の速さを見るそうです。
ネット麻雀とは違って・・・というくだりが気になりますが・・・。


○アカギ
親のW役満をツモるんだ!差込であがるなんてイヤだ!と駄々をこねる鷲頭様にほとほと困り果てる部下の皆様。そりゃ、確定している96000をあがらないと言うのはこの人くらいです。部下の皆さんも苦労をしているようで・・・。あげくの果てに、同卓している同僚の部下、鈴木さんに「もう(和了り牌の)北切っちゃえよ」(注:意訳)と、上司である鷲頭様を無視して指示を。
鈴木さんの発したリアクションは・・・。
「えっ・・・?」
まぁ、いきなりそんな事言われたら、そりゃ困りますわな。以下次号。


○凌ぎの哲
心が読める!?ガスさん相手に森サブ君がとった戦略は・・・やはり、「何も考えずに勝負」でした。高そうなお酒を一気飲みして、空いた酒瓶で自分の頭を殴って、フラフラになったところで勝負再開。彼が登場したことで、雰囲気が明るくなってきましたね、この漫画。
さて、前号からひっぱっていた、雀荘の秘密は「死体がどこかに埋められている」でした。お宝とかじゃないんですね。


○ムジャキング
特に無し。良くも悪くも目立たなくなってきているような気がします。


○割れ目でポンレビュー
TVで割れポンが放送されると、実はキンマにひっそりと記事が載るのです。今回のゲストはお笑いの人たちで集合したみたいですね。優勝は
山本圭壱さんだそうです。


○バタフライフェイク
こんな友人とはノータイムで縁を切りましょう。ダメ人間がたまに格好いいところを見せるからと言って、騙されてはいけません。・・・といいたくなるような友人に救われる主人公。今後、彼女をとられないかハラハラです。


○麻雀女教師さやか
なんだかさやか先生とたけし君が微妙な心情になったところで次回最終回。どのようにまとめるかが少し楽しみです。

あ、ちなみに今回のテーマは「牌効率その3」でした。


○リスキーエッジ
調子がいい味方の佐野さんにトップを取らせ、自分は確実に二位を取る吉岡さん。以前ボコボコにした佐野さんを
「佐野は本来打てる男だからな」
ですって・・・。次号急展開!だそうですが、悪人顔のおっさんたちは、話的にもうこれで片付いたことになったのでしょうか。


○風の三日月
「この傷痕が血の涙を流す限り・・・必ず”龍の男”を撃つ!」
→月なんか見てないで、病院へ二回行きましょう。


というわけで、早起きしてレビューを書きました。オバカミーコドラマ・・・。深夜でもいいから、全国放送しないかなぁ。

やはり、麻雀ブームは確実に来ている!と思うなみもんに、(*ω)応援のクリックを!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。