主にネット内での麻雀のニュースなど
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、とある人がメッセで「どうやったら麻雀をもっと面白くできるか」についてあれこれ討論していました。

麻雀はルールに色々オプションをつけたりできるので、飽きにくく色々な戦術を楽しめるゲームです。
僕は麻雀はゲームとしてほぼ完成されていると思っているのですが(特にPC上で行う麻雀は、待ち時間などにおいて公平です)、強いて言うとすれば「チョンボ」についてでしょうか。

そもそも、チョンボとはどんなものでしょうか。(少牌、多牌に対してのものはおいておくとして)

「和了れない牌に対して和了り宣言をすると、満貫分を払う」

これだけでは、チョンボに対しての見識は不十分です。


(*ω)+←これを優しくクリックするとなみもんが喜ぶよ!
それでは、チョンボの本質とはどういったものでしょうか。
先ほどの定義に少し言葉を足して、

「和了れない牌に対して和了り宣言をすると、満貫分を払って局を流す」

と表記すれば的確になります。
つまり、穿った見方をすれば、チョンボには
「満貫分さえ払えば局を流す(リセット)する能力がある」
ということです。

極例をあげてみましょう。

南4局のオーラス。あなたは北家で60000点のダントツトップ。2~4位は平たく、全員1万点台です。ドラは8p


6順目にこんな手牌がきました。
ダマテンでは和了れないので、リーチをする人が殆どでしょう。

一発目で引いた牌が中。
当然ツモ切りです。すると、親がその中をポン。

二回目のツモが發。
これをまたもや親がポン。手の内からドラをきってきました。

緊張の走る場の中、リーチをしたあなたはルール上、和了り牌以外の牌を止めることはできません。

そして三回目のツモは白。
ここであなたのとるべき行動はなんでしょうか。大三元に対する包則(責任払い)は有りのルールです。
そう、白を手牌の横に置いて、「ツモ」と発声すればいいのです。
親に大三元の包則を確定されたら、一気に逆転される危険があります。それよりは8000点を捨てて、次局自分であがるなり、子に差込をしたほうが、戦術としては確実です。
「何をバカなことを」と思う人もいると思いますが、この行動はマナー違反ではあるかもしれませんが、ルール違反ではありません。
仮に1000万円を賭けたルールだとしたら、やらないという自信はありますか?

・・・そもそも、人の作った手を無かったことにするのに、マンガンの罰符は安すぎるのではないでしょうか?この状況では、リスクに対して8000点の支出はあまりに安価でしょう。


では、私はこの状況でわざとチョンボをするのか・・・と言ったら、難しい問題です。
この例で、麻雀ではこういった選択もルール違反ではないと紹介しましたが、実際では長年の間に身についた「常識」が邪魔をして、白をツモ切ってしまうかもしれません。
とはいえ、私が仮に大三元をしかている側の親で、子に白をワザチョンボされても、何も文句はありません。山から一度に3枚ツモったり、対面からチーをするといった行為と、このチョンボは意味が全く違います。繰り返し書きますが、これはあくまでルールで定められているチョンボというものを「有効利用」しただけで、本来全く問題のない行為です。


話はわかった。でも・・・なんとなくチョンボをされてしたり顔で「戦術」といわれるのは違和感がある。そんな人は多いのではないでしょうか。

というわけで、私の「麻雀のルールの新しい提案」は

1、
チョンボから流局機能を無くす。(満貫分を払って、そのまま続行。)

もしくは

2、
試合開始前にチョンボの点数を自由に設定できる。

です。
チョンボをする際には手牌を晒さなければいけないので、1番だとその後の進行にさしさわりがあるかもしれません。(チョンボをした人の手牌の情報が知れてしまうため、手作りなどが変わる可能性があります)
ですから、提案としては2番を薦めたいところです。

例えば初対面の人と打つときなど、

「点5のアリアリ、ダブロン有り、聴牌流局の赤無し。チョンボは10000点オール」

と言った会話があれば、チョンボへの対応も変わると思います。
ミスでチョンボをしてしまう様な面子では、もう少し罰符を下げればいいことです。

例えばプロ雀士の対局など、「戦略的チョンボは罪」といった空気が流れるのであれば、チョンボをしたら即トビのような厳しいルールが作られてしかるべきだと思います。
(レアケースではあるものの)わざとチョンボをする事は戦略として有効という状態でありながら、実際はマナー違反という現状が、一番問題があるのではないでしょうか。

・・・というわけで熱く語ってしまいました。
やっぱり、私は麻雀好きなんですね・・・。
こうして文章にしなくても、同じ思いをされている雀士の方は多いのではないでしょうか?もっとこうしたらいい!といったご意見などがありましたら、お待ちしています。

余談ですが、システム的にチョンボをすることが絶対不可能なハンゲームの麻雀Ⅱは論外として、現存する各ネット麻雀がチョンボに対して中途半端な対応をとっているのも、不自然な気がします。
ノーテンリーチやフリテンチョンボがあるのなら、ノーテンロンを作ってもいいと思うのですが・・・やっぱりこれは厳しいかな・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なんか見にくいぞ!
2005/08/15(月) 01:10 | URL | 星野★勘太郎 #-[ 編集]
野球の敬遠を思い出しました。
あれってどーなんですかね?
2005/08/16(火) 03:49 | URL | ↑計↓ #aeh.Xfw2[ 編集]
あれ? 僕のブラウザでは普通に見えているんですが・・・ どんな感じで見づらいんでしょうか>星野さん
野球ですか・・・。自慢じゃないですが、僕スポーツ全般全くアレな人なんで、ちょっとたとえがわかりませんwごめんなさいw>計さん
2005/08/16(火) 21:22 | URL | 涙の紋章 #-[ 編集]
いやー、ピッチャーは本来ストライクを取りにいって、4回ストライクを"取れなかったら"打者が1塁に・・・
だけど、ヒットを打たれそうな場合は"わざと"4回ストライクを取らずに意図的にバッターを1塁にってヤツです。
日本では敬遠はアリってことになってますが、大リーグでもしやるとかなりのブーイングになります。
日本では""ってことになってますけど、現ヤンキースの松井が星陵高校時代にやられた。4打席連続敬遠がありますが・・・あれは極端な例ですがね・・・。
2005/08/17(水) 00:59 | URL | ↑計↓ #aeh.Xfw2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://namimon.blog3.fc2.com/tb.php/268-d232d5e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「涙の痕」さんでチョンボについて書いていたので、私も勝手に考えてみました。たしかに麻雀というゲームにおいて、チョンボについてはいまだに明確な答えが出ていない問題ですね。しかもなみもんさんが挙げた例のような、「危険牌をつかんでのわざと誤ツモ」に対して.
2005/08/15(月) 11:20:10 | 近代麻雀漫画生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。